sugary*sparkle

MENU

ホワイトデーのお庭

ホワイトデーイベももうすぐ終了

せっかくなので、ホワイトデーペア服のアラ×プリSSを。



******
無事、シドとの入れ替わりから元に戻ったアランと、一緒にお呼ばれしたパーティーの帰り。



アランからプレゼントされた可愛い靴を嬉しそうにはいてるプリちゃん
(デザインも色も違いますが、アランのスペエピアバのパンプス、可愛くてお気に入りです♪)


アランの提案で、ホワイトデー・デコレーションされたお庭を散策することに。


LOVE'S GARDEN SET/ helen-sims様 thank you for wonderful creation thing!

プリ「すごく可愛いトピアリー!」



プリ(アランとロマンチックな場所でデートできて嬉しい)



プリ「城内にこんな素敵な場所があるなんて知らなかった。連れてきてくれてありがとう、アラン。」



アラン「ここ、なんか言い伝えがあるみたいだけど。」

プリ「…言い伝え?どんな?」



アラン「そのアーチの下で女から男にキスすると、二人は永遠に結ばれるって。」



アラン「今なら誰もいないけど。どうする?」



プリ「……………(したい…けど、恥ずかしい…//////)」



アラン(…フカシだってすぐバラすつもりだったのに、タイミング逃したな(;-_-))



アラン(…っていうか、こいつ、なんでもかんでも素直に信じ過ぎ…ん、)



プリ「………………//////」

アラン(…………………)



アラン(…すげー得した気分だけど。純粋に信じてる様子見ると、やっぱうしろめたいな。)



アラン(…仕方ない。)



プリ「…アランっ、、」

アラン「…悪ぃ。」

プリ「?」



アラン「言い伝えとか、嘘。」

プリ「~~~~~(カァァァ)///////」



アラン「だけど、俺達が伝説の始まりになればいいじゃん。だって俺、お前とずっと…いつまでもキスしてたいもん。」(しれっ)

プリ「………/////アランっ。」


~その後~



アラン「…本当に悪かったよ。」

プリ「じゃ、私のお願い聞いてくれる?」

アラン「お願い…?なに?」



プリ「アランのとっておきのレシピで、お菓子一緒に作りたい。」

~明日のホワイトデーSSに続く~

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。