sugary*sparkle

MENU

小悪魔執事ユーリ



先日、めでたくユーリHoney+Secretエンドを迎えました。

…可愛いユーリ、好きだったけど、ここまでハマるとは思いませんでした。

命をかけ、ボロボロになるまで独りで闘う男らしさ

アラプリといえども、惚れずにはいられません/////



お茶汲みより剣術が得意とのことですが、ユーリの用意してくれるティータイムに、本編でもイベでも、いつもどれだけ癒してもらっていることか


hair/ Twinklestar様 thank you for wonderful creation thing!

はちみつ色の大きな瞳が印象的なユーリ。

デフォルトシムを改造して作ったLaylaの脳内ユーリです。
上手にできなくて苦痛だったシムメイク、少しずつ楽しくなってきました。



実はかなり初期から、ゼノ様シムも眼帯を装備して準備中なのですが、そのゼノ様シムと片側ずつのお揃いピアスをしています♪



他の王宮シムには絶対にできないキュートなポーズも出来るユーリ



「…たく、うるさいな。アルの小舅!」

と、小声で悪態ついてます( 艸`*)



「あーあ、アルのせいで一日の始まりにケチついちゃった。」



「… こういう時は、プリンセスの顔見て、気を取り直そ



「俺、彼女がプリンセスなら、執事が天職かもしれないって、よく思うんだよね。」



執事といえば、テールコート。





キリッ



「プリンセス遅いな…一生懸命やりすぎてないといいけど(でも、それで、いつもちょっぴりドジするのが可愛いんだよな)」



テールコートを脱がしてみました。



大きな秘密を一人胸に抱え、誰にも告げずに決断するユーリは本当に男らしいです。



そして、実は剣術においてシュタイン№1のアルとタイをはる騎士だったりするところなど、ずるいくらいにカッコいい。



しかも密かに、出生もこの上ないチート設定。



プリンセスのため、単身で反乱分子にむかっていったことといい、その向こう見ずな感じも、若い男の子らしくて、他の王宮男子にはない情熱と純粋さがまぶしかったです。



女の子に結構人気があるらしいユーリ(「俺ほどじゃないけどね♪」byレオ)。



可愛い上に優しくて、優雅な執事としての立ち居振る舞いの端々に、騎士らしい身のこなしが垣間見えたりしたら、そりゃ、騒がれてもおかしくはないでしょ。



終盤、プリンセスと共に生きるためだけに、自分の身分を取り戻そうと奔走してくれたことに、本当に感動しました。



敬愛するゼノ様との主従関係の終わりは、ユーリにとって、命に代えてお守りしていた主君とのお別れでもありました。



今度は国王として生きるだけでなく、きっと、騎士としてもプリンセスに忠誠を近い、命を捧げる覚悟なのでしょう。



礼服姿です



また、ユリプリちゃんとのツーショットで、あらためてお披露目させてくだされませ♪



でも、全編通して、私はあまり‘小悪魔’の要素は感じられなかったです。

むしろ、きちんとお付き合いした女の子はプリちゃんが初めて?な純情さがたまりませんでした

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。