sugary*sparkle

MENU

アランとSweet valentine's Day

今日はvalentine's Day

アランプリとしては、アランの好きなチョコケーキを作るしかないでしょ!と、腕前も考えず、三段重ねのホールケーキにトライしたところ、思ったようにスポンジがふくらまなくて、厚みが均等にならず、見た目がいまいち…(>ω<。)

チョコレートのデコで、なんとか誤魔化したけど…、きっと、お料理するアランのことだから、手間ひまかけたことと、何より、気持ち♪は、しっかりくんでくれると思います



よく見たらペア服、ボトムスがチェック柄だったのね?

トラッドなテイストが可愛い アランにもアラプリちゃんにも、よくお似合いです。

この先、ペア服を着用したアラン&アラプリちゃんシムのバレンタインSSです(いつもと同じで、ヤマもオチもありません)。

今回、肌色は一切ありませんが、思わぬ方向に発展してしまったため、念のため、R-18指定とさせていただきます。

心身ともに、18歳以上の大人の方のみの閲覧をお願いいたします

******

互いに公務が忙しく、半月近く顔を見ることさえ叶わなかったアランとプリちゃん。

今夜は、大公邸で催されるバレンタインパーティーに二人でお呼ばれしているので、ようやく会えることに。

プリ「先月のアランのお誕生日の時よりも、スポンジがうまくふくらんでいい感じ♪」

お城のキッチンで、つい先ほど完成させたばかりのチョコケーキと、おまけのチョコ菓子を用意して、パーティーの前に呼び出したアランを待っているアラプリちゃん。



―アラン登場―

アラン「待たせて悪ぃ。」



プリ「アラン!…ううん、忙しかった?呼び出したりして、ごめんね。」

アラン「いや、出掛けに着替えさせられたんで、遅れた。」

プリ「…アランがそういう服装、することないよね…(とってもステキ♪)」

アラン「今夜のパーティー、‘パートナーと揃いの服’ってドレスコードあんだろ。大公も、妙な趣向してんな。」



プリ「…でも、すごく似合ってるよ」

アラン「そうか?」

プリ(アランはいつも格好いいけど…なんか新鮮で、ドキドキしてきちゃう…//////)

アラン「なんだよ、目、そらして?」



プリ「な、なんでもないっ…//////」

アラン「ふーん…」



プリ(やだ、久しぶりに会えたからって、なんでこんなに緊張するの?お願いだから、そんなに見ないで~~~///)

アラン「……?本当に、どうかしたか?」



プリ「本当に、なんでもないから…!」

アラン「顔、あげろよ」



プリ「……………!」



アラン「久しぶりに会えたのに、お前は嬉しくないのかよ?」

プリ「そんなことない!ずっとずっと、アランに会いたくて…っ」



プリ「…………っ///////」



アラン「………………………」



アラン「俺も。…ずっと、こうしたかった。」



アラン「お前もそのドレス、よく似合ってるよ」

プリ(アラン………)



アラン「ところで、俺を呼び出した用って、なに?」

プリ「…今日はバレンタインデーだから、アランにチョコを受け取って欲しくて…。」



アラン「すげぇじゃん、これ、ぜんぶ一人で作ったのかよ?」

プリ「うん。こっちはアランの好きなチョコレートケーキ。でね、こっちは、少しずつお部屋で食べて貰おうと思って、チョコを湯せんで溶かして、ハチミツを混ぜ込んで固めた板チョコなの」

アラン「…ふーん、うまそうだな…」



アラン「板チョコのほう、今、食いたい。食っていい?」

プリ「もちろん!」



パッケージを開けたプリちゃんの手から、そっとハート型の板チョコを奪い、その口に差し込むアラン。

プリ「ふぁにふへんの(なにしてんの)、アラン?」



アラン「バレンタインデーだろ。お前の口から受け取る。」

プリ「ふぇ?!」



アラン「お前、チョコレートに媚薬効果あるって知ってた?」

プリ「ふゅ、ふゅうううん(う、ううん)!?!」



アラン「チョコ食ってるときって、恋に落ちたときと同じような高揚感があるらしい…それに、」



アラン「舌でチョコ味わってるときと、キスしてるときの感覚って、似てるらしいぞ。」



アラン「本当にそうなのか…試すぞ。」

プリ「………………///////」



アラン「…どうだった?」

プリ「アランといるだけで、いつもドキドキしてるから、そんなの、分かんない…っ」



プリ「……アラン!?」



アラン「ハチミツは、新婚夫婦の子作りに効果があるって、聞いたこともあるな…」

プリ「ア、アラン、どうしてそんなこと知ってるのっ、、/////(レオにでも聞いたのかな…?)」

アラン「…………さぁな。(そんなことばっかり詳しいのが兄弟にいたからな…)」



アラン「お前、つい、さっきまでこの菓子、作ってただろ。」

プリ「……う、うん。どうして?」



アラン「お前から、すげぇチョコレートのいい匂いがしてんだけど。」



アラン(……クン。)

プリ「や、やだっ//// へんなところ、匂い嗅がないで…」



アラン「パーティーまで、まだ時間少しあるよな。」



アラン「…抱かして。」

プリ「え!?!…ちょっ、ま、待って待って、アラン!!」

アラン「………やだ。」



プリ「ま、まさか……このまま!?服が、汚れちゃうっ、、」

アラン「じゃ、汚れないように、大人しくイイ子にしてろよ」



プリ「アラン~~~~~~~~~~//////////」
  (どうしよう…、でもっ、でもっ…やめてって、、言えない………/////////)




プリ「………アラン、好き…………

―おわり―

アラン、器用だから、ちゃんとしてくれると思います

******

とろけるチョコ&このSSのポーズすべて/ 晴れのちシム裏路地(共にたま麻呂様)
チョコはこちら、ポーズはこちらこちらからお借りしています♪
いつもたくさんのステキ創作物を本当にありがとうございます!!!

******



最初は、イベントコンプ特典のお部屋でペア服の記念撮影するだけのつもりが、たま麻呂様の作成されたロマンチック過ぎるポーズMODのチューをしてしまったところ…、まだ日も高い王宮内にもかかわらず…、止まらなくなってしまい、こんなことに…

ε-(;-ω-`A) フゥ…

アラン、本編でもドレス着たままでコトにおよび、翌朝の第一声は「腹減った」だった気が…。



どこまでも、その時にしたいことをしたい、待てない、ワガママな男、アラン

お洋服と、王宮らしからぬラブリーにデコされた部屋のせいで、高校生がラブホでいちゃついてるみたいに見えなくもないですが

3 Comments

ニコラ says..."No title"
aylaさま、こんばんは!

わ~い、待ってました~Laylaさまのアラプリ♪
お揃いコーデも、バレンタイン仕様のお部屋も、どれも可愛くて素敵!
赤いスーツアラン、格好よすぎです~~っ

チョコ加えてもごもご喋ってるプリちゃんがめちゃくちゃ可愛いですっ(*>ω<*)
そしてプリちゃんを目の前にするとやっぱり止まらないアラン☆
きっとパーティの時間が来てもいつまでも2人で甘い時間を過ごしているのでしょうね…(///ω///)

素敵なVDアラプリ、ありがとうございました♪
2014.02.14 22:16 | URL | #- [edit]
Layla says..."☆ニコラ様"
いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

いつもお菓子みたいにキュートでスイート♪なアラプリちゃんを
描かれるニコラ様に、こんなに嬉しいコメントをいただけて
めちゃめちゃ光栄です(>ω<。)

何度釘をさしても効果のないアラ×プリに、さすがのジル様も
お手上げ状態で、げんなりさせられてそう(←特にアランに)

赤いペア服、アランプリには、最高のギフトですよねv-25

初めてのペア服、必死に手に入れて良かったです…^^;

ニコラ様のステキ過ぎるVDアラ×プリカップルに、私も、
のちほどコメントさせていただきにまいりま~す♪
2014.02.15 14:57 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.02.16 23:04 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。