sugary*sparkle

MENU

ハロウィン創作 ~ヴァンパイア・ゼノ様~



終了してしばらくたってしまいましたが、ハロウィンシーズンにぴったりの、王宮のヴァンパイアイベ、すごくよかったです💛




中でも、人間離れした存在感と美貌のゼノ様=ヴァンパイア設定はハマり過ぎてて本当にステキでしたヽ( ゚▽、゜)ノ




…(*´Д`)ハァハァ

せっかくなので、当創作でもゼノ様=ヴァンパイアでちょっぴり妄想。




数百年の時を一人、孤独に生きてきたヴァンパイア・ゼノ様。
ヴァンパイアというと、スタンダードから少し外れるけど、こちらの漫画を思い出します。


ポーの一族 (1) 萩尾望都(著)

永遠の時を生きるヴァンパネラ、少年エドガーと一族の美しくも哀しい物語。Laylaのお気に入りです。




神秘的なヴァンパイア伝説。不老不死は人間の憧れだけれど、自分だけ時が止まり、途方もない時間を生きなければならない壮絶な孤独が、ゼノ様の生まれ持った宿命とシンクロします(இ艸இ)




共に生きるパートナーとの出会いこそ、ヴァンパイアの唯一のなぐさめなのでしょう。





—ヴァンパイア・ゼノの屋敷。

ゼノ様は数百年を生きるヴァンパイア。恋人のクリスタちゃんは、愛するゼノ様と共に生きていくことを誓い、いずれヴァンパイアになる約束をしていますが、まだ人間です。




ゼノ「クリスタ、まだ休んでいなかったのか」

クリスタ「月が明るくて、眠る気になれないのです…」

ゼノ「ハロウィンが近いからな」




ゼノ「あの世とこの世の境が曖昧になっている。月の光に魔性が吸い寄せられ、亡霊達もザワついてるのだろう」

クリスタ「ゼノ様は、大丈夫なのですか…?」




クリスタ「以前、血を捧げさせていただいてから、ずいぶん経ちますが…」

ゼノ「俺はヴァンパイアだ。吸血鬼と違い、お前から血だけでなく、精気まで奪ってしまう」




ゼノ「あまり頻繁だと、おまえの身が持たないぞ」

クリスタ「私は大丈夫です、どうかご無理なさらず…」




ゼノ「…そうか。ならば、少しだけ…」

クリスタ「っ///」




クリスタ「……ゼノ様っ」






…………………………………


………………………………………………………










ゼノ「…止まらんな。すまない」




クリスタ「いいえ、いいえ。ゼノ様…どうか、もっと…」




クリスタ「ゼノ様に求められ、与えさせていただけることが、私の幸せなのですから…」





………………………………………………………





クリスタ「ゼノ様…」

ゼノ「なんだ?」




クリスタ「私はいつまで、人としてゼノ様のお側にいるのでしょうか」

ゼノ「………………」




ゼノ「おまえが限りある命を、いじらしく俺に捧げてくれる姿が愛しくてな」




ゼノ「もう少し、このままでいてくれ…」

愛するゼノ様と永遠に添い遂げるためなら、人でなくなることも怖くないもんね(*´ω`*)




クリスタ「今夜は長い夜です。ゼノ様、お話を…」




クリスタ「‘金のリンゴの木’のお話…好きなんです」




ゼノ「とくにヤマ場のない、地味な話だと思うが?」

クリスタ「私はワクワクします」




ゼノ「…働き者の母の息子が、服を作る仕立て屋に仕事に行くことになりました。その頃、国では、金銀の糸でししゅうのある服を着るのはお金持ちだけで、貧乏人は一年中、ボロボロの服でした…」




ゼノ「ある日、息子が森の中で火事に困っていたトカゲを助けると、トカゲは魔法使いの姿に変わり、宝石箱を見せてルビーとサファイア、そして、手に入れても貧乏のままだという金のリンゴのなる木のうち、一つを褒美にくれると言いました。息子は村人に金のリンゴを与えて喜ばせたいと思い、リンゴの木を選びました…」

…………………………………………




ゼノ「息子が欲の深い王様の庭から、黒くなった金のリンゴの木を引き抜くと、たちまち金のリンゴの木は光り出し、前よりも、もっとたくさんの実をつけるようになりました」




ゼノ「息子は村の人たちに金のリンゴを与えつづけ、喜ばれて、ずっと幸せに暮らしました…」




ゼノ「…終わりだ」

クリスタ「ありがとうございます



クリスタ「このお話し、またしてくださいね✧」

ゼノ「本当にこの話が好きなんだな」

クリスタ「はい♪」




ゼノ「どんなところが好きなんだ?」

クリスタ「誰かに尽くして感謝されることで、むしろ救われることが、本当の幸福だと…」




クリスタ「大切に思う人に必要とされ、喜ばれることこそ、幸せなのだと教えてくれるお話なので」

ゼノ「…そうか」




クリスタ「…ゼノ様は、誰かに、このように髪をなでられたことがおありですか?」




ゼノ「なぜ、そんなことを聞く?」

クリスタ「なでてくださる手がお優しくて…慈愛に満ちておられるので。きっと、ゼノ様も同じ愛をどこかで受け取っておられるのだと…」




ゼノ「覚えてはいないが…あったのだろうな、遠い昔に。こうして愛しい存在に触れるとき、本能で呼び起こされるのだろう」

クリスタ「優しく髪をなでて下さるゼノ様の手を… 私、この先ずっと、いつまでも…覚えていますね」




ゼノ「…ああ」


………………………………………………………


時代が変わり、王宮時間の現代、シュタイン城



ゼノ「今日一日ご苦労だったな、クリスタ」

クリスタ「ゼノ様、お疲れさまでございました」




乾杯

ハロウィンの公務を終えたゼノ国王とクリスタちゃん。




ゼノ「ハロウィンの翌日は万聖節だ。早朝から長時間ミサに立ち会うが、大丈夫か?」




クリスタ「私は、いつもゼノ様にお心遣いいただいてるので元気です。ゼノ様こそ、お疲れなのでは?」

ゼノ「ああ、そうだな。少し疲れてるな」




クリスタ「では、湯あみされますか?それとも、横になられます?」

ゼノ「おまえのキスが欲しい」

クリスタ「/////」




クリスタ「ゼノ様…本当に、お疲れさまです///」

ゼノ「ん…」




陛下、ご満悦(´ω`*)

…………………………………………




クリスタ「ゼノ様、あの…変な話なのですが、聞いていただけますか?」

ゼノ「なんだ?」




クリスタ「その、夢というか…白昼夢のようなものを見まして…。なぜか、ゼノ様がヴァンパイアでした」

ゼノ「……………」




クリスタ「私は…ヴァンパイアのゼノ様のお側にいたくて。近くに置いていただけるのですが、そのうち…ゼノ様が私を共に生きていくパートナーに選んでくださって…」




クリスタ「ゼノ様に求められ、吸血される時の痛みさえ愛しく感じられるような…激しい気持ちを抱きました。 夢で、ですけど///」

ゼノ「奇遇だな」

クリスタ「え?」




ゼノ「俺も、たぶん同じ夢を見ている」

クリスタ「えっ」

ゼノ「俺は数百年、一人でヴァンパイアとして生きていた。おまえと出会い、初めて、伴侶にしたい女として求めた… 夢でな」




ゼノ「ハロウィンは異世界との境界があいまいになると聞く。魔の刻が見せた幻なのかもな」

クリスタ「…ゼノ様、あの…‘金のりんごの木’のお話は…」




ゼノ「ああ、知っている。シュタインの東隣の国の童話だ。こんど話してやろう」

クリスタ「はいっ♪」




ゼノ「しかし、幻とはいえ、ひどくリアルだったな…」




ゼノ「おまえが辛い思いをしてるのに、行為をやめられなくて…甘くて温かい血に溺れる快感まで、覚えてる…」

クリスタ「ゼノ様…///」




クリスタ「私も…いけないことだと分かっていても、ゼノ様に求められることだけが、この上ない幸福だったことが忘れられません」




ゼノ「今のおまえの実体も幻も、俺のすべてを受け入れてくれるのだな…」




ゼノ「俺はおまえから奪うばかりで、何も与えてあげられないというのにな」




クリスタ「いいえ、ゼノ様…たくさんいただいています」




クリスタ「それに、金のりんごの木のお話と同じです…必要としていただけるなら、私は幸せです」




ゼノ「前にも言ったが、聖女のようなおまえが、ときどき魔女に見える」

クリスタ「ゼノ様?」




ゼノ「俺が奪っているつもりが、すべては、知らずにおまえに持ってかれてるからな」

クリスタ「え…え??」




クリスタ「本当にそんな妖力があったら、ゼノ様を虜にしてみたいです///」




ゼノ「だから、もう効いてるぞ。おまえの妖術✧」

クリスタ「ゼノ様っ///」




クリスタ(~~~~~~~~///)




カプっ

クリスタ「…っ!」

ゼノ「痛いか?…真の快楽には痛みが伴うというが」




ゼノ「あいにく、今の俺に牙はない。だが、たまに痛みでおまえを支配したい衝動にかられる…ヴァンパイアの前世の名残りなのか?」

クリスタ「~~~っ///」




甘く妖しい、ハロウィンの夜妄想でした…


~おわり~







もともと存在がミステリアスなので、特に扮装しなくても、イベのヴァンパイア設定が自然過ぎたゼノ様。
どこまでもお優しいゼノ様も、ご自分の想いを犠牲にして耐えるゼノ様も、どちらも素敵でした(ノД`)・゜・。









長く時を生きるため必要不可欠なパートナーが、長らく不在だったヴァンパイア・ゼノ様。




パートナーとして求められたいです (‘ФωФ’)




どんな罪深いことでも、ゼノ様と一緒なら甘美な体験




血なら、いくらでも差し上げますっ。
鮮度落ちてるからちょっと酸っぱいけど、青汁飲んでフレッシュな血を保つ努力しますから(ง `ω´)ง




王宮本編のクリスタちゃんみたいに、迷わずゼノ様に身も心も差し出したい。




そして、私だけに素顔を明かしてくださいませっ(*´Д`)




ヴァンパイアと人間の禁断の恋に燃え、いずれは永遠の愛を誓い、不老不死のヴァンパイアになってゼノ様と共に生きられたら最高

ちなみに、こちらはヴァンパイアではなく吸血鬼の古い映画ですが。



美しいボウイを吸血鬼にして愛人にしている、女大吸血鬼ドヌーブ。急速に老けはじめたボウイが見境なく、若返りのために人を襲いはじめ、やぶれかぶれになっていく一方、ドヌーブは、若々しい魅力溢れるスーザンをボウイの後釜にしようと狙いをつけていく話。
ドヌーブとボウイの壮絶な美形カップルは、まさに、数百年の時を生きる現代の吸血鬼
昔は、スーザンておばさんくさい女優さんだなぁって思ってたけど、自分がおばさんになったらそのキュートさと魅力に気づき、以来、彼女の出演作はどんなに面白くなくても、見たことを後悔することはないくらい、特別に大好きな女優さんです。



皆さま、ゾッとするほど楽しいハロウィンをヽ(´▽`)/


10 Comments

joanna says..."No title"
美しいー!
私これを勝手にユーリと私に脳内変換して堪能しました!
Layla様ごめんなさい…
では遅刻しそうなので行きます。
夜にじっく見せてくださいませ。
2015.10.27 07:42 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.10.27 15:04 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.10.27 19:04 | | # [edit]
Layla says..."☆joanna様"
up早々のコメ、しかもお出掛け前のお忙しい朝!?
なのに、ありがとうございますヽ(´▽`)/

ユーリとjoanna様に脳内変換ですか…っ
光栄ですっ(;//́Д/̀/)
ピンク色のヴァンパイア・ユーリ💛💛💛
joanna様の柔肌を狙い、かぶりつくセクシー☆ユーリ…いやらしいっ(*´Д`)ハァハァ

ユーリ100プリ配信前の、キャラとの会話シリーズ。
今日はロベさんとの仲良しぶりが微笑ましかったですね(´ω`*)
ユーリのラストはもちろんゼノ様で、そちらも楽しみ♪

シュタインズに囲まれる日々であろう100プリユーリルートで
joanna様が名実ともに、ユーリのプリンセスになられる日を、
私も心から楽しみに待ってますよーっ。
2015.10.31 11:59 | URL | #- [edit]
Layla says..."☆ヴァンパネラLeslie様"
言われたい…吸血鬼って…(*´﹃`*)
秋田美人とか、ロシア人に間違われたいです、私は(←黄色人種以外に間違われたことナシ)
イケシリの世界にまんま入っていけるルックスのLeslie、羨ましいっ
ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/ァァ~

そして、そして💛
お誕生日おめでとうございます!!

    @@@@
   @ Happy @
  ∩@Birthday@
 (・ω・@@@@
  ヽ っ\ /
  ∪∪ /∞ヽ

水の物が壊れるのは浄化の印と聞きます。
新しい年齢を迎えられるにあたり、不要なものが流されたのでは(´ω`*)

ザ・ハンガー、古いし娯楽作として面白いかというとビミョーですけど、
話のネタとして、見たことを後悔させない内容ではあると思います。
変わり種の吸血鬼映画としても(*´▽`)ノノ

イケシリの王子様となら、お誕生日を機会に、愛する彼と同じヴァンパイアになって
新たな人生を歩むというのもいいですよねーっ。
個人的に、寒い季節のほうがイケシリ(特に王宮&ゼノ様)にハマる傾向があるので
この冬、ぜひご一緒に盛り上がりましょう~!
2015.10.31 12:08 | URL | #- [edit]
Layla says..."☆ともぞう様"
ともぞう様っ、お久しぶりでございます!
遊びに来てくださり、こうしてコメいただけて嬉しいですっ\(´∀`●)/

> 100プリのジル、終えられましたか?

いま2周目で、あの場所でジルに告るも、つれなくされるあの場面にいます(苦)。
あの麗しいクールビューティーに、ぴしゃりと告げられる言葉のキック力たるや
パねぇですな…_:(´ཀ`」 ∠):_

> 寂しくて耐えられなくなり

わかりますっ( ̄‥ ̄)=3
本編進めてる時は毎日切なくて苦しいのに、終わってしまうと虚無感が襲ってくるしで
いったいどうすりゃいいものかと(笑)

しかも、水尾様続編と幕末沖田さんと…まぁ、振り回す王子様との恋が
すべて一段落してしまったとあれば、たまりませんねっ。
そして、始まったレオ続編はいかがなのでしょう。

え、レオ素直なの…?
Laylaは選択肢に「本当に、本気でそう言ってる?」とか
「もう、どこにも行かないよね?」とか、探してしまう予感満載なんですけど。

せっかくのレオ続編なので丁寧に進めたいから、もう一度、レオにやられた
あんなこんなことを思い出したくて、本編たどってから続編に向かう予定です(*゚∀゚)=3
エロ河童創作も、またぜひやりたいですー٩(๑`□´๑)۶
2015.10.31 12:19 | URL | #- [edit]
joanna says..."Layla様‼︎"
クリスタちゃんの青いドレス素敵です。
私これをお借りしてユーリに噛んでもらいました。

私「明日レオ也にどんな禁止命令だすの?」
ユ「joannaに近寄るな」
私「え…」
ユ「この二ケ月ずーっとレオ也と一緒でしょ」
私「そーなのよ。もういつもそこにレオ也がいて当たり前みたいになってる」
ユ「続編も読んでるしね?」
私「続編では別人だよ。レオ也じゃないもん。違う人みたい。立派な次期国王様だしプリンセスに夢中だしね」
ユ「そのプリンセスは君だよね💢」
私「続編でのユーリもかっこいいよ!!私のために大事な任務を…いつもありがとう」
ユ ちょっと怒った顔
私「やきもち嬉しいよ。それに100日のレオは昨日で終わったから。安心して?」
ユ「まだ学園イベント残ってるよね?」
私「あ、そーか。まああれはレオ也だけじゃないし」
ユ「ノア様を部室で襲う計画立ててるの知ってるよ?他の姫達と話してるの聞いた!💢」
私「カインも襲うよ?」
ユ「は⁈」
私「カインは手伝うだけで…」
ユ「…もー許さない」(王宮の出入り禁止にしよう。永遠に)
この後噛まれまくりました。

はい、Layla様の大切なゼノ様のお姿を借りてこんな妄想してごめんなさい。ユーリの兄上ってことは私にとってもお兄様、どうかお許しを…

2015.11.01 16:51 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.11.01 17:22 | | # [edit]
Layla says..."☆joanna様"
> クリスタちゃんの青いドレス素敵です。
> 私これをお借りしてユーリに噛んでもらいました。

姿見せてないのに、ナゼかレオ也のキャラたちまくり劇場ヽ(´▽`)/
ずはしい!

そして、面白ーーーーいっ!!!
ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/

ヤキモチ&独占欲むき出しのユーリ萌えっ(*´﹃`*)
こんなユーリとなら、私も100プリユーリに真っ先に会いに行きたくなってきましたよ…。

> はい、Layla様の大切なゼノ様のお姿を借りてこんな妄想してごめんなさい。ユーリの兄上ってことは私にとってもお兄様、どうかお許しを…

天然のゼノ国王兄上と仲良くしてるプリたんにまで、嫉妬するユーリ…(*´Д`)ハァハァ
ヤヴァイ…妄想がとまらんっ\(´∀`●)/
2015.11.02 17:28 | URL | #- [edit]
Layla says..."☆麻樹さま"
麻樹さまぁ、遊びにきてくださり、コメをありがとうございますっ(。>д<)・゚

> ゼノ様不足の身体にしみわたりました。

そのようにおっしゃっていただけて、すごくすごく嬉しいですっ(*´Д`)

ヴィンパイアゼノ様と恋したばかりなのに、Laylaも常にゼノ様不足です…。

100プリゼノ様のほろ酔いガチャも、ついさっき補給したばかりなんですけどもっ
どのくらいゼノ様があれば満たされるのか、もう分かりませんっ。

足りないです…ゼノ様がぁぁぁああ
・゚・(>д<。)(。>д<。)(。>д<)・゚

ゼノ様に吸っていただけたら、少しは血の気もおさまるのでしょうかねっ(>ω<。)←ムリ
2015.11.02 18:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。