sugary*sparkle

MENU

ゼノ様のご入城準備

10月末から発送予定のイケメンシリーズオフィシャルグッズ(現在、販売終了)。Laylaは悩んだ末、こちらのゼノ様を予約させていただきました。



でも、Laylaはゼノ様をキーホルダーにしてぶら下げるなんて出来ませんし、夫に王宮生活をカミングアウトしているとは言え、プライベートな空間にいつもフィギュアなゼノ様がおられるのも落ち着かないし。特別なスペースを用意せねばと考えていたところ、ピッタリのものを所有していたことを思い出し、実家から持ってきました。

******
実はLayla、地味な著書が一冊あるのですが。本を書くにあたり、その何十倍もの書籍を資料にせねばならず、しかも、関連するほとんどの専門書が洋書かつ絶版だったため、イギリスの古書店によくお世話になっていました。月に15万円近く書籍代がかかっていたこともあり、お財布事情は厳しかったのですが、良いことも…。

取引きの多かったロンドンの古書店では状態のよくないものを無料にしてくれたり、関連書籍として、こんな素敵なおまけをつけてくれたのです


Medieval Castle

取り寄せていた書籍は心理学やオカルトがメインでしたが、中世の歴史書や神話絵本、タロットカードなども購入していたのでコレをつけてくれたのだと思いますが。最初、普通の絵本だと思って開いてみたら、びっくり。



ビロビロっと広げ、はしっこのリボンを結ぶとお城=シュタイン城

このお城の装飾品の多くは獅子の紋章入り。獅子=英国を指すことが多く、Laylaの脳内設定ではフランスの属国であるウィスタリア(紋章はフルールドリス)と時代によっては壮絶な敵対関係にあるし、シュタインがドイツ設定なら紋章は鷲なんだけど、そこは強引に目をつぶるとして(>ω<。)


※ご参考までに。時代に統一性ありません。



表紙の跳ね橋を開くとこうなります。このお城、数えきれないほど仕掛けがあるんです。



鍛冶屋はトンテンカンテン♪騎士は鍛練中。



開門王と王妃のご入城



王座のある謁見の間



吹き抜けの中二階も、質実剛健な装飾がなされています。



王(ゼノ)様の寝室



クローゼットから豪奢なお衣装がのぞき、執務机には重要な書類や書簡が。



Laylaが一番気に入ってる王妃のお部屋奥には刺繍に勤しむ王妃様と、糸をつむぐ女官。壁画もタペストリーもストーリー性があり、見応え十分です。



一階と二階はこんな感じに分かれています。



王宮の食堂らしい御馳走が並ぶテーブル。奥には食前にいちゃつくカップルの姿も。



アルやユーリの出入りする騎士宿舎・談話室。



テーブルの上には遊び道具も。短剣はちょっと危険なギャンブルゲームに使われてそうです。


【ゼノ様ご入城予想図】


広場に面したバルコニー。

Laylaはこのお城にオフィシャル・フィギュアのゼノ様をお迎えしたいと思います(o´艸`)♡



ちなみに、ゼノ様の背後の窓から囚人の姿が見えたりして、本当にいろんなところに仕掛けがあって楽しい絵本です。

王宮ファンのプリンセスはきっとお好きだと思ってご紹介させていただいたのですが、現在、こちらは絶版となり、海外サイトも含め入手が難しくなっております。
販売元の玩具メーカーのサイトにもデータベースさえ残ってないので、再販の可能性は低いかもしれません。

このような立体の作りになっていることはほとんど紹介されていないですし、コレクター向け書籍なので、そもそもの出版数も少なかったと思われます。海外の中古書籍は状態が「good」でもアンダーラインが引かれてたり、付属品の欠品も普通なので賭けではありますが、欲しい方はぜひ。→Medieval Castle

で。LaylaはMedieval Castleを入手して、すぐに同シリーズのこれを見つけ、購入しました。こちらも現在は既に絶版ですが、まだ妥当な価格で新品を入手できるようです。


Victorian Dolls House

こちらはウィスタリア城っぽいかな。



ちなみにサイズは25.1 x 39.3 cm×厚み3cm。一見すると普通の絵本です。



開きますと…



じゃんっ。4面すべてがお部屋のお城に。



うん。やっぱりこっちのが、プリンセス修行のイメージがしやすいです。



玄関ホールはこんな感じ。



音楽室。ピアノの椅子の近くに、ミケランジェロもいるよ♪



カジュアルな談話室。アバターにありそうです。



ユーリがつまみ食いしてそうなお城のキッチン。



やや簡素なプリンセスルームだけど、ドレッサーやクローゼットの中はレディに必要なものがすべて揃っています。



お城だけでなく、切り取って配置できる紙のお人形もついてます。


Edwardian Doll House

さらに新しい時代のこちらもありますが、Laylaは所有していません。

以上、ゼノ様ご入城予定のお城のご紹介でした

2 Comments

ドイツ好き says..."No title"
こんにちは^^

いけないことだけど・・・。
文章を読む前に
先に画像をチェックしてしまいます。
今日も
必死で「ゼノ様」を探してしまいました。

でも・・・。
でも・・・。

いない・・・。

またまた、妄想してしまいました。

私のドイツ好きの名前の由来は
ベートーベン好き(イケメンじゃないよ)
ドイツで図書館司書になりたかったという夢

からきているのですよ。
しかし、ゲームをしていると
ドイツ在住だと勘違いされるので
名前を変えようか?と検討中です。^^

2014.09.27 17:26 | URL | #tHX44QXM [edit]
Layla says..."☆ドイツ好き様"
>文章を読む前に
>先に画像をチェックしてしまいます。

これって…これって……
ゼノ様シムを楽しみにしてくださっていると
とっていいのですかーーー!!!

嬉しいです…っ(>ω<。)

そして、今日、まさに作りました。
いやらしいゼノ様の画像がたくさんなので
よろしければ見てやってくださいませっ♡

Laylaも修道院留学とか、不埒な理由で
まさにベートーベンの街、ポンに住めないか
本気で画策してたことがありますよー。

クリスマス時期は素敵だろうけど、冬は長い夜のドイツ。
その暗い空気ごと味わいに、いつか必ず行きたい国です。

ドイツの図書館司書…っ、

これまた、ピンポイント的に拘りをお持ちそうですねっ。
Laylaも美術館学芸員の道を、いまでも心のどこかで
模索しています…夢は大切にしたいですよね(♡´ω`♡)
2014.10.01 15:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。