sugary*sparkle

MENU

カイン誕創作おまけ

シムズは後から色んなデータを追加できるのですが、創作に高層ビルが欲しくなり、本当はレイトナイトが欲しかったのですが、諸事情により諦めて、ローリングハイツを導入しました。

創作に必要なのは大都会過ぎない地方都市っぽい街並みだったし、なんと言ってもビーチがついてるので、カイン君の別荘も設置出来たし、王宮男子と夏のリゾート気分も味わえそうで、結果的には良かったです。

せっかくなので、お誕生日創作の続きで、カイン君の別荘から徒歩圏内のパブに出掛けてみました。

******



予定通り二人で買い出しに出掛け、アンちゃんの用意した誕生日ディナーを堪能した後の二人。



海沿いを散歩するついでに、ビーチのパブで一杯楽しんだようです。



人前でベタベタするとかあり得ないカイン君。リゾートの開放感からか、自ら手をつないでくれてます。



いつもみたいに周囲の目を気にせず一緒にいられるのが嬉しい二人。もう少し、お散歩を楽しむみたいです。
(実際はセレブのバカンスにはパパラッチがつきものですが…)



カイン「どうした?なんか大人しくなったな。…酔ったか?」



アン「ううん…」



アン「夢みたいに楽しい時間が過ぎて…数時間後には帰らなきゃいけないのが寂しくなっちゃって…。」



カイン「なに言ってんだ。ウィスタリアに戻っても、俺達は一緒にいられるだろ?」



アン「うん…、でも…カインとこうして普通の恋人らしく一緒にいられるのは今だけ、だから…」

何気にお揃いのブレスレット

お散歩のついでに立ち寄ったショップでアンちゃんが見惚れていたのを、カイン君も気に入り、旅の思い出にプレゼントしてくれました



カイン「確かに、いつもこんな風には出来ないけど…こうして一緒に過ごせる時間、俺が必ず、また作る。」



アン「カイン…ありがとう…。」

(ひねてて意地悪なカインも大好きだけど…いつもと違うストレートに優しいカインに…ドキドキしちゃう…//////)



アン「あ…っ」



強引だけど、優しいキス



アン(どうしよう…っ、誰かに見られてたら…って思うけど。やめて欲しくないから言えない…っ//////)



カイン(公衆の面前でイチャつくカップルとか信じられねぇ、気色悪ぃ、って思ってたけど。こいつといると、どこまでも恥ずかしい俺になっちまうな…。)



カイン・アン((このまま、時間が止まればいいのに…))

愛を確認してさらに絆を深めたので、ウィスタリアで公務に追われる日常に戻っても、互いに研鑽しあい、試練を乗り越えていくことでしょう

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。