sugary*sparkle

MENU

漫画『イノサン』



久しぶりの更新なのに、イケシリと関係ない記事でごめんなさい。
漫画「イノサン」のメインキャラクター、マリーちゃんのシム作りにチャレンジしました。

この表紙の子(男装の女の子)です↓



マリーちゃんの兄、シャルルが主人公の一部、6巻までは買って読んでたんですけど。
お気に入りのマリーちゃんがメインになってるらしい二部「Rouge」はまだ未読。
(イノサン公式ファンサイトで一部第1話が試し読みできます。)




マリーちゃん、こんなに大人になって…っ(ノД`)・゜・。




二部単行本発売記念の動画。作画自体もそうだけど、すごい美麗
そういえば、Laylaは未視聴ですが、シャルルの声を栗原類君が演じたラジオドラマも存在します。




wwwwwwもう、シャルル=類君でまんま実写化しちゃってください。

Laylaはこの漫画、ちょうど一年前にお友達に教えてもらって読み始めたんですけど。
最初は表紙のシャルルの美しさに大期待して読み始めたものの、なんというか…キャラがほんと類君(笑)。 しかも、登場人物全員に言えることですが、神々しいくらいに美しい時と、吐き気をもよおすくらい気色悪かったり、怖かったりして、また、一貫した立ち位置というか、キャラクターそのものがひどくつかみにくいです(Laylaは)。

描写が生々しい上に、非常にエグいので、実はLaylaは6巻までまとめて大人買いしちゃったものの、一巻を読み終えるのがやっとで、その晩、ひどくうなされました(夫によると)。

なので、誰にでもお勧めできるかというと、一話試し読みで大丈夫な人のみ、どうぞ!という感じです。




そんなんで、感想をうまく言い表せない「イノサン」。
でも、マリーちゃんの存在感は秀逸で、魅力的。 マリーちゃん見たさで続きが読みたくなる。




舞台は、フランス革命前の、アントワネットのフランスへのお輿入れくらいからなので、名作「ベルばら」とかぶりますが。
処刑人一家の末娘、マリーちゃんが「男装の麗人」で、かつ、おつきの下男が「アンドレ」というのもwww




マリーちゃんが子供の頃から、忠実な僕のアンドレ。 マリーちゃんを女神と崇めるМ男君。
シムではうまく表現できてないけど、本家のアンドレは情けない感じがイイっ(*゚∀゚)=3




マリーちゃん。単なる男装の麗人ではなく、文字にするのが躊躇われるほどのサイコ。




子供の頃から、八つ裂きにされる人間を見て興奮したり、動物を解体する嗜虐性があります。
まさにイノサン(=イノセント・無垢)な表情で、残虐過ぎる場面に恍惚としてみたり。




幼女の頃から、性的な欲を自分に向けてくる男性を憎み、軽蔑しながらも手玉に取り、きっちり復讐も果たすという潔癖さ。




そんなマリーちゃん、アントワネットとも仲良くなっていきますが、男性不信からビアンになったかと思いきや、初恋の男性が存在することが判明(でも、処刑されちゃうらしいけど)。




ナポレオンの台頭時代を含むフランス革命前後の歴史って、あまりに残酷過ぎて、没頭するとくらくらしてくるので、実はちょっと苦手なんですけど。短い命を燃やした伝説的人物の物語は、興味深いものばかり。

Laylaは、処刑を歴代で生業とするサンソン家のような一族がいることを知りませんでしたが。




長らく揺らぎなかった秩序が、一挙に崩壊し始めた混乱のさなか、マリーちゃんのように、倒錯的な魅力を放つスターはたくさんいたのでしょうね。 マリーちゃんのキャラはもちろんフィクションですけど(人物は実在)。




それにしても、下男のアンドレ君。せっかく平民なんだし、彼の目線でいろいろ語られても良い場面なんかあった気がするんですけども、読者のファンが多いわりに、物語では突然姿を消すし、ストーリーには絡んでこない、あまり重要性がないキャラクターです(今のところ)。




幼女マリーちゃんのお着替えをうっかり見てしまい(故意ではない)、ポー…///っと赤面しちゃう下男だというのに、新章では、マリーちゃん自ら失踪してたアンドレ探しに出向くなど、実は、それなりにお気に入りのもよう。




アンドレって、たぶん、登場した当初から、かなり年齢いってそうですけど。 ほんとマリーちゃん命。




ちなみに、マリーちゃんの戦闘的なモヒカンヘアは、マリーちゃんが11歳のとき、アンドレが乞われてヘアカットして作ってあげたもので、マリーちゃんはいたくお気に入り。「よくやった。お前のことはマリーが一生面倒見てやる」とか言ってあげたほど。




「自由なマリー様…なんと気高く、お美しい…」

いつも、こんな感じの思考や発言しかしてないアンドレ。でも、女子読者に人気(そしてLaylaもお気に入り)。




周りには、吐いて捨てるほど崇拝者がいるのに、あえてアンドレを近くに置くのは、さすがのマリーちゃんも、幼いころからの愛玩=下僕に生理的・精神的癒しが得られるからでしょうか。お気に入りの「枕カバー」みたいな感じ?




マリーちゃんの私室。




アンドレ「マリー様、何か御用はございますでしょうか」




マリー「今夜はもうない。下がれ」




アンドレ「……はい(もっとお側にいたかったです…シュン)。」

いつもこんな感じで、ヘアカット以外には、特にお手柄たてるわけでもなんでもないアンドレ。




マリーちゃんのサイコぶりは、もはやホラー。




子供の頃は「お兄様」呼びしてたことあったし、↓こんな感じで兄弟仲良く、助け合ったこともあったけど。




今では、たとえ血のつながった兄であろうと、その自由を脅かされそうになれば、本気で殺そうとするほど病んでいます。




日常的な人殺しの仕方もバリエーションに富んでおり、劇場的で、たまりません。




サンソン家は、フランス革命において、「処刑人」として一躍脚光を浴びたものの、激動の時期を、ある意味、一番その地位と立場に変化なくやり過ごせた一族なのでは。




不憫なアンドレ君のために、サービスSSを。




マリーちゃんの肘置きアンドレ(´ー`)




アンドレをちょうどいい肘置きとしか認識してないマリーちゃん。




アンドレ(誇り高きマリー様の御手の、置き場としていただけるとは…なんと、光栄な…っ///)




マリーちゃんのヘアカットをした時、切った髪をこっそり宝箱に保管してるアンドレ。
女神として崇拝するゆえ、クンクンしたり、妙なこと(笑)に使ってるとは思えませんが、この後は、マリーちゃんの触れたお洋服のまんま眠りにつきそう(そして一生洗わない)。




ほんと、女戦士 腹筋も割れてるし。
気合い入れて、いつか一気に続きを読みたい。

お誕生日おめでとうジル



遅刻したうえにSSだけでごめん、ジル。
お誕生日、本当におめでとう




今日、100プリで両ルート終えました。
女心を知り尽くすジルだからこそ、プリちゃんとすれ違ったり、空回りしちゃうこともあるよね。

いつも色んな場面で励まされ、勇気づけられています。
新たな年齢を迎え、特別に幸せな年になりますように…


5511.jpg

100プリのジルのお部屋、せっかく作ったし、妄想ネタもあるので、また創作できたらいいな(*´▽`)ノノ



バカラクリスタルの小さな置き物。100プリのジルに贈りたい
small presentだけど、ペーパーウェイトとして使ってもらいたいですヾ(o´▽`)ノ゙

バー○リー in ウィスタリア



王宮の3人でバー○リーの広告風top画を作ろうと思ったら、思いがけずたくさん撮影しちゃったので、貼りつけておきたいと思います(※ロゴマークは反対、ブランド名の綴りは一部変えてます)。




ロメオ・ベッカム君主演で話題になった、昨年のクリスマス動画がすごく素敵でした。




以前、ジル×プリちゃんで創作したとき、お揃いでバー○リー風コートを着用させたジル。




ブランドのことをちょっとだけ調べたら、バー○リーのお洋服って、生地や縫製が上質なのはもちろんのこと、動きやすくて丈夫、もともとは労働者のための服だったんですね。ロゴマークも甲冑の騎士ですし。




ハードワーカーで元騎士のジルにピッタリのブランドだったんですね(´ω`*)




お次は、ルイ。




以前、ホスト妄想で「元モデル」設定にしたルイだけど。職業に対してプロフェッショナルなので、どんなに嫌でも、モデルもホストも、仕事として完璧にこなすと思いますヽ(´▽`)/




お。撮影セットのレコードに興味持ったようです。




ルイ(アナログのレコードってどんな音するんだろう。撮影中だけど…ちょっとくらい試していいよね…)

Laylaの脳内では、王宮メンバーの中で、実は一番好奇心旺盛でいたずらっ子な気がするルイ。普段イイ子にしてるからね、余計に(´ー`)




~♪
(うっとり…)

いつも執務でお疲れだもんねρ(-ω-。)ヽ(・ω・。)ヨチヨチ




広告風を目指したルイのSS。




カタログみたいに、なんちゃって価格掲載してみた(*´▽`)ノノ




最後はレオ。




本編を、もう一度たどってからにしようかと思ったんだけど。やっぱり我慢できず、スタートさせちゃったレオ続編。




まだ3話だけど、評判通りです。レオと過ごす毎日が、やけに充実してるんですけど…///
やることのすべてが乙女のツボつきまくり。まるで、出家して生まれ変わったようなレオ。




レオが…レオが優しい…っ(;//́Д/̀/)←レオにこの顔文字使う日は一生こないと思ってたLayla




やばい。まさかの、Layla内の王子様ランキングが、レオ続編によって変動しそうな予感ヾ(´▽`;)ゝ
それもこれも、続編配信される運営さんのお力が大きいと思うんだけど。さすがレオ…運営スタッフさんまでたらしこんで…←




レオはやっぱり眼鏡で、良家のご子息スタイルがいい✧




でも、どんなにキッチリした格好させても、真面目にも堅物にも見えないレオ。




続編レオのせいで、なんかレオシムいじりもできません…///




ちょっぴり変更してブラックレーベル風。

ちなみに、Laylaがお付き合いしていただいてるイケシリクラスタさんの、リアルお仕事のアパレル関係者率が高くて驚いてます。そして皆さん、アバのお着替えセンスも抜群( ̄‥ ̄)=3
オシャレでお洋服好きな方が、アバターの着せ替えに興味を持ってアプリを始め、結果的にゲームにはまるパターンもあるのかなぁ?
イケシリで遊んでるプリンセス様が、どんなキッカケでゲームを始め、楽しまれているのか、すごく興味あります。

Laylaはバー○リーは、せいぜいデパート内のブルーレーベルをのぞき、値札見て引き返すくらいです。素敵なブランドだと思うし憧れるけど、ハウスチェックのバッグ一つとっても存在感が大きくて、小柄で地味なLaylaには浮いてしまい、歩くブランドみたいになっちゃうので。

でも、おばあさんになってから、バーバリーのトレンチコート着るのは憧れるなぁ(´ω`*)
というか、年をとっても、バーバリーのコートを着てお出掛けするような生活を送ることのほうが重要なテーマかも。

万聖節と万霊節

ハロウィンが過ぎると、本格的な冬の到来。
ウィスタリアとシュタインも、冬支度モードのはず。

今日、11月1日はカトリック教会の祝日で「万聖節」。
すべての聖人と殉教者に祈りを捧げる日です



翌日の11月2日は万霊節で「死者の日」とされ、ヨーロッパでは、多くの人がお墓参りに訪れ、墓地が花でいっぱいになるそうです。
ゼノ様もきっと、祖先の御霊にお心をはこび、花を手向けられるのでしょう。


リヒャルト・シュトラウス 「万霊節」8つの歌 Op.10より


シュトラウスの美しい曲。万霊節に、亡き恋人を想う詩が切な過ぎます(ノД`)・゜

亡き人の思い出に胸がつぶれそうになったとき、この曲を聞こうと思います。悲しみも切なさも倍増するだろうけど、その痛みも愛する人がくれるもので、誰もが経験する悲しみなのだと思えば、慰められ、癒されるとも思うので。

以下、ゼノ様シムのお祈りSSに歌詞を掲載させていただきます。









お借りした絵画はカラヴァッジョの『洗礼者ヨハネ』。

カトリックでは、特定の土地や職業にゆかりのある「守護聖人」の信仰があります。Laylaの勝手な妄想で、ゼノ様は、洗礼者ヨハネを特別に信仰なさっておられるんじゃないかと。



洗礼者ヨハネは、イエス・キリストの誕生を預言し、カリスマ・スポークスマンとして民に救世主の到来を告げ、回心を訴えた聖人。オスカー・ワイルドの「サロメ」で、その死が題材とされるなど、悲劇的かつ、ドラマティックな人生でした。
国の運命が大きく動く過酷な状況の中で、王となられたゼノ様に、どうかご加護を。


そして、このヨハネの絵画の製作者は、アナーキーな天才画家、カラヴァッジョ。




極端なまでの写実主義。明暗と、残酷なモチーフが強烈な印象を残すカラヴァッジョの作品。
カラヴァッジョは、教会から製作を依頼された絵画の聖女の顔を、想いを寄せていた娼婦の顔にするなど、常識外のタブーを犯し、度重なる乱闘事件で投獄され、死刑まで宣告されるスキャンダラスな人物。作品は劇的で、匂いまでしてきそうな生々しさです。



同時代あいまみえていたら、互いによき理解者だったかもしれないゼノ様とカラヴァッジョ。

ゼノ様が絵画をたしなまれることは語られたことがありますが、どんな絵を描かれるのかすごく知りたい。
開かれたシュタイン王室には、各国から貴重な美術品も貸与されていると思うので、名匠の作品を前にして、ゼノ様がどのような感想を述べられ、また、個人的にどんな作風を好まれるのかも知りたいです(*´﹃`*)




お好きな音楽や文学作品なども。ゼノ様のお好きなものをたくさん知りたいですっ(*´Д`)


******

ところで、萌えシチュガチャ。いつものごとく、最後まで出てきてくださらなかった壁ドンゼノ様のため、シナフルコンしました(今回はアルの髪クシャが期待以上によかったです)。



はじめはひたすら優しく思いやり、ケアしてくださってたジェントルなゼノ様。ロマンチックなムードを壊すことなく、手際よく、器用にその後のあれこれを進められて、途中から壁ドンとかどうでもよくなっちゃいましたが。ステキだったので、悔いはなし



可愛いけど、ゼノプリちゃんに着用させる機会はあまりないピンクテイストのアイテムとお部屋。もれなくお部屋ゼノ様も浮きまくり。でも、記念に貼りつけておこう。

Laylaはゼノ様より先に死んで、いつかの万霊節に、この、雨の日の壁ドンのことを、ゼノ様に思い出して恋しく思っていただきたいです。だって、その逆なんて、とても耐えられない…っ(PД`q。)・゜・

該当の記事は見つかりませんでした。