sugary*sparkle

MENU

良いお年を&拍手コメお返事

プリンセスは、大掃除とか歳末の買い出しとかしなくていいから、いいなーっとか思いながら、なんとか、年末のすべきことを一通り終えました

まずは、いただいた拍手コメへのお返事です♪

~12/28に鍵コメくださったレミー様~

ご訪問&コメント、本当にありがとうございます。
動画も観てくださり、とっても嬉しいです!
ルイのお部屋、色調が個性的で素敵ですよね~。
このお部屋でも、いろいろとやりたいことがあったりします…フフ。
よろしければ、ぜひとも、またご訪問くださりませ♪

+++

今年は、9月に王宮でアランと出会い、その後、素敵な王宮のファンサイト様で本編以外でも物語を楽しませていただいたり、sims3を始めてからは、また素晴らしいサイト様に出会い、浴びるように萌えのネタをいただくことになり、思いがけず、勢いでブログを開設するまでにいたりました。

当ブログの創作物は、すべてお借りしたもので作らせていただいています。

『イケメン王宮』を製作されたCYBIRDさま、神絵師イリアス様、王宮を愛するプリンセスの皆さまと、惜しげもなく無償でMODや技術、ノウハウを提供してくださるシムズサイト様に心より、お礼申し上げます。



昨日upしたSSでは、なんか散々だったアラプリちゃん。

意図的に、かなり小胸にしたので、アランに「ちっせえ胸、強調してどうすんだよ」と、言わせてしまいそうになりましたが、修復不能な溝ができそうだったので、やめました。

アランも、そこまでうかつじゃないでしょ。

そもそも、その小胸に夢中になってるのはアランだし

個人的に、アラプリちゃんシムの、このアカ抜けない感じが気に入ってます。



それでも最近、少しずつ、ドレスを着こなせるようになってきたような…。

頑張って着ようと思ったこのドレスはわがままな騎士様に着用を阻止されちゃったけど。

アラプリちゃんは「自分がどう見えるか」じゃなく、「アランがどう思うか」が大事だから、いいんだよね。

新年には、アランの指定した露出の少ないドレスをちゃんと選んで着ることでしょう。

きっとアランは機嫌を直して、ダンスも踊ってくれるはず

そして、今年最後の画像はやっぱり、アランで。



正直、ときどき横暴だと思うことはあるし、逆ギレされたりして、悩まされることもあるけど。
いつも最後には、必ずフォローしてくれて、その不器用な優しさに、愛を感じています

あなたに会えて、守ってもらえて、本当に幸せな年になりました。

来年もあなたのこと、たくさん愛させてください

ではでは、皆さま良いお年をお迎えくだされませ

アランと大晦日

アラプリちゃんに新年用のドレスを着せてたら妄想が止まらなくなり、SSにしました(ヤマもオチもありません)。 アランが横暴です。



周りの人に推され、いつもより大胆なデザインの新年の晩餐会用ドレスを試着するアラプリちゃん。



マリア(こんなに露出の多い大人っぽいドレス…初めて///)



「マリア様のデコルテや背中はキレイだから、絶対にコレがいい」ってユーリは言ってくれたけど…着こなせる自信ないよ…。

それに。

アランに、どう思われるか…

いつもと違う自分のドレス姿と、露出した部分を眺め、ため息をつく。

(…コンコン。)

マリア「…どうぞ?」



…アラン!

アラン「ジルが呼んでるぞ」

マリア「…あ、うん…わかった、ありがと。」



アラン「…それ、新年に着るドレス?」



マリア「うん…なんだか着なれなくて。でも、みんなは、これがいいって…」



アラン「みんなって誰だよ」



マリア「…え?ジルとユーリ、あと、レオにも言われたかな。他にも着付けをお手伝いしてくれたメイドさんとか…」

アラン「ダメだろ。」



マリア「…ダメって?」

アラン「自分でイマイチだって思うんなら、他のにすればいいんじゃねぇの。何着もあんだろ。」



マリア「やっぱり似合ってない?アランは変だと思う?」



アラン「俺にドレスがどうとか、聞くなよ。」



「……………」

褒めてもらえるとは思ってなかったけど。
はっきり言われると、ショックかも。それに、なにか機嫌悪くさせちゃったみたいだし…


(…シュン。)

アラン「………」



マリア「そうだよね、別のドレスにする。」

(アランに気に入ってもらえなかったら着る意味ないし…)




マリア「着替えて、ジルのところに行くね。アランは部屋を出て…」



マリア(……?)



………………!



マリア「アラン…!?…痛…っ」



アラン「…こういう気持ちになるから、ダメだって言ってんの。」



マリア「…………」

アラン「ここ、印つけといたから。ここまで隠れるドレス、選べよ。」

マリア「~~~~~~!」

アランが吸ってつけた、胸元の赤い痕をなぞる。

アラン「おまえの胸が眩しいぐらい白かったから…」



アラン「新雪みたいにキレイだなって思って…気づいたら、痕つけてた。」

マリア「………」

(いま、「キレイ」って、言ってくれた…?)


アラン「俺以外に見せる必要、ないだろ。」

マリア「…アラン、ひどい。」

(でも…、嬉しい…)




アラン「悪かったよ。代わりに、おまえが望むこと、なんか聞いてやるよ」

マリア「…望むこと?」

このところ、密かに願っていたことを思い出すアラプリちゃん。



マリア「じゃ、大晦日から新年になる瞬間、一緒にいてくれる?」

アラン「わかった、なんとかする。」

マリア「…それとね…」

アラン「なに」

マリア「その時、キス、してくれる?///」

アラン「…なんでキス?」

マリア「新年を迎える瞬間にキスすると、その相手と、新しい年もずっと一緒に幸せに過ごせるって言い伝えがあるから…」



アラン「…ふーん… じゃ、今からずっとしてれば確実じゃねぇ?」

マリア「アラン!…そういうことじゃなくて… んっ…」



(……………………)



(……………………………………………。)



新しい年もずっと仲良く一緒にいられますように…



アラン、ニューイヤーキスだけで終わりにするとかできますかね

ところで、ジルが待ってるんですけど…(´・ω・`)。

イベントが続いてます

jewerly Christmasで初めてのイベントフルコンし(といっても後半組だけですが)、冬らしいキラキラ背景をいただけました♪



デフォや本編ENDクリアでいただける背景に浮いてしまい、お蔵入りになっていたお城オブジェも置けて満足

チマチマと課金してるメインのAmebaアカではルイとようやく心が通じ合ったところなので、ルイプリちゃんアバになっております。

クリスマスの翌日からはシド配信スタートで、早くも、シド好みのプリンセスに変身し、危険な恋をスタートさせているプリンセス方もたくさんおられるようですね♪

私も、シドセット、DXのほうだけ購入しました

シドと会えるのは、1月終わり頃になりそうですが…。

そして、ルイやゼノ様との恋の成就のため、プリンセスレッスンをしようと入城したら、また…



イベントなんですねぇ。

私、今日、ようやく仕事納めなのですが。

なんでこんなに忙しいんでしょう(笑)

しかも↓



そして、こんな頬を染めたアランを見たら、手紙書かずにはいられませんでした。



プリちゃんからの手紙読んで一人悶々とするアラン、可愛過ぎ
アランからどんなNewYearカードが届くのか…とっても楽しみ♪

通常のお手紙収集イベントは私はコンプは到底叶いませんが、残り少なくなった2013年いっぱい、まだまだ王宮の皆さんに楽しませていただこうと思います

シドプリちゃん初お目見え♪

さきほど発売されてたのを見て、これ…upせずにはいられませんでした!!!



シドとお揃いのぱっちりブルーアイとブルーの大人っぽいドレス…

欲しい…



ちょっと気が強そう(?)なパッチリセクシーアイがとってもキュートなシドプリちゃん…

なぜに!? ルイとお揃いのお色気ぼくろっ!?

この泣きぼくろも、シドプリちゃんの仕様なのでしょうか…



…ですよね。

配信予告でもシドに「泣くな」とか言われたし、今度のプリちゃんはシドの前で泣き虫さんなのかな?

気になり過ぎます…

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

クリスマスのアラプリちゃん

アラプリちゃんのSS、せっかくのクリスマス仕様なのでupしておきます



このポインセチアのヘッドドレスがすごく可愛くて
赤がお得意のアラプリちゃんにぜひ、かぶらせてあげたかった♪

正装姿のアランが近くにいるのですが…機会があればまた



ブルーライトが美しく映えるプリンセスのお部屋の姫系ツリーはあいす☆BOX様からお借りしました。

後から登場するルイプリちゃんとドレスが同じなのは、よくある、セレブがセレモニーで衣装かぶっちゃうアレと同じです…たぶん。

これも、近くにアランがいて、このあとイチャイチャするSSが多数。

…というか、クリスマスってそういうイベントじゃないんですけどね

ミンスパイ&拍手コメお返事

Merry Christmas

皆さま、どんなイブをお過ごしでしょうか?

わが家では、夫はクリスマスディナーを提案してくれましたが、寒いし、夫も私も、このところ忘年会や仕事のイベントで昼も夜も外食続きだったので、これからおうちでクリスマスします

ミートローフは完成し、サーモンのキッシュもあとは焼くだけ、お気に入りのパン屋さんでバゲットも買ったし、サラダと冷たいパンチ、飲み物も仕込み終え、バッチリです

今年は、アランに教えてもらって初めて『ミンスパイ』なるものを知り、ぜひ作ろう♪と思ったのですが。

シュトーレンと同じで、1~2ヶ月前から中に詰めるミンスミート作りをはじめなきゃならないものだったので、せめてもと、なんちゃってミンスパウンドケーキを作りました。



某お料理ブログのレシピを参照させていただき、りんごとくるみを刻んでラム酒と混ぜこんだだけですが、材料はいつもの倍以上、手間はいつもの5倍はかけて作ったので、味見したら濃厚でおいしいです♪

なんちゃってミンスケーキでも、2、3日したほうがもっと美味しくなるらしい。

ミンスパイのシンボルであるお星様も、一応、シュガーパウダーで描いてみた。

昨日カル○ィに行ったら、既に売り切れてましたが、市販のミンスミートもあります。


jewerly Christmasでアラプリちゃんがクリスマスのお菓子作りを相談したら「ミンスパイがいいんじぇねえ?」と提案してくれた上、ほとんど製作してくれたアラン。

ミンスミートが手元にあったということは、アランは毎年、クリスマスのお菓子作りのために果物漬けてたりするんだろーか…保存食にもなるから色々と便利だけど。

マメだ。

お酒にも合うお味だから、騎士団の皆さんと飲み会するとき、いただいたりするのかな?

来年はアランと一緒に、ぜひ、フィリング作りからしたいです♪

ではでは、ここをご訪問くださった皆さまがハッピーなクリスマスをお過ごしになられますように


ご訪問&拍手&コメントありがとうございます♪

~12/23に鍵コメくださった‘プリちゃん’様~

ご訪問&コメントありがとうございます♪
ゲーム本編でのプリちゃん、お相手によって少~しずつキャラや容姿が異なっていて楽しいですよね。
ルイプリちゃんシムを褒めていただき、とても嬉しいです(^^)

~12/24に鍵コメくださった‘クラっときた’様~

ぷはっヽ(^o^)丿
…確かに。改めてよく見たら、実は大胆過ぎるドレス。
はたしてルイが、こんな露出度の高いドレスをマイプリちゃんが着ることを良しとしたかどうか、upした後で微妙な気分になりました。
あ、でも、ルイが他の誰とも踊らせないし、誰にも見せないようにずーっとガードしてくれるから大丈夫♪

楽しいコメありがとうございました

ルイプリちゃんのシム

私の中で、アラン・レオ・ユーリのプリちゃんは同じでいいと思うのですが、ルイプリちゃんは別にする必要を感じ、新たにプリンセスシムを作りました。



↑こちらはノーマルの髪型ですが、ナチュラル&キュートかつ、どんなお洋服にも似合うので、アバターヘアの中で一番好きかも。



ルイプリちゃんは、アラプリちゃんより少しお姉さんぽい感じでしょうか(少しだけ胸も大きくしてみた)。
ルイとおそろいのブロンドヘア&ブルーアイ



ブルーのお洋服や小物がリアルに好みです♪



まだ未達ですが、Honeyエンドで着用する予定のプレミアのドレスとヘア。



衣装を合わせてみたソフィアちゃん。



ソフィア(ちゃんと着こなせてるかな…変じゃないかな…ルイはどう思うか心配…ドキドキ)



ルイ登場。

ソフィア「ど、どうかな?」



ルイ「ソフィア、すごいキレイ…」

ソフィア「…ほんとに?」



ルイ「うん。他の誰にも見せたくないくらい、キレイ」

ソフィア「…ルイっ…」



ルイ「プリンセス、最初のダンスは、どうか、この俺と…」

ソフィア「ルイ…



時代が時代なら、こんな感じで記念に写メしただろうよ、ルイだって♪

ルイがハープを奏でるクリスマス♪

Laylaはハープの音色が好きで、ハープ専門店のサロンコンサートに何度か足をはこんだことがあります。大きな会場でのフルコンサートは開催数が少なくて残念。大好きなアイリッシュハープともなると、プロ活動している演奏家を見つけることさえ、困難です。

なので、ルイルイがハープを演奏できると知ったときは狂喜

好きなキャラから楽器を習える特別シナリオ『恋するメロディ』、販売されてた時、プリンセスデビューして間もなかったので、本編で仲良くなってもいないのに、いきなりラブラブなシナリオだとちょっとな…と思って、まだ私はレッスン未体験。

でも、クリスマスですし♪ルイにハープを奏でてもらうことにしました☆

私が勝手に作ったルイプリちゃんも初登場します



※ルイプリちゃんの名前はソフィアです。

晴れて公認のカップルとなったルイと迎える初めてのクリスマス。でも、イブも、クリスマス当日も二人は公務が忙しく、会うことが出来ません。

ソフィアは、ルイの顔を一目見たくて、イブの前日にハワード公爵邸を訪ね、ようやく公務を一段落させたルイが、部屋で待つソフィアの元にやってきました。

ルイ「ごめん、ソフィア。せっかく来てくれたのに、こんなに待たせてしまって。」

ソフィア「ううん、私こそ、突然訪問してしまって…ごめんなさい。どうしてもルイに会いたくて。」



ルイ「俺も会いたかった。ソフィアが会いに来てくれたって聞いて、いてもたってもいられなかった。」

(本当にずっと、会いたくて仕方なかった…、君のこと考えない時はないくらい…)

ルイ「一時間後には、お城に帰らなきゃならないんだね…」

(このまま帰したくはないけど。忙しい公務の合間をぬって会いに来てくれて、まだ、クリスマス晩餐会の準備もあるだろうし…)




ルイ「クリスマスは一緒に過ごせないけど、少し早い俺からのクリスマスプレゼント、受け取ってくれる?」

ソフィア「え?」

ルイの部屋がノックされ、続いて使用人が布のかかった背の高い道具を部屋に運び入れた。ルイが布をとると、そこには…

ソフィア「……ハープ!」



ルイは手袋をはずし、スツールに腰かけると、手慣れた様子でチューニングを始めた。



ソファをハープの近くに移動させ、ルイがソフィアを手招く。



ルイ「ここで聴いていて。ソフィアのために演奏するから」



ソフィア(ルイのハープが聴きたいって言ってたこと…覚えていてくれてたんだ…)
自分のためだけの演奏会と、用意された特等席に、胸をときめかせるソフィアちゃん。



やがて、厳かにハープの音色が響きはじめ…



(…なんてキレイな音色…)

ソフィア「この曲は…クリスマス荘厳曲…?」


(城下で毎年、教会で聴いていたけど…ルイがハープで奏でてくれると、まるで違う曲みたい。なんて優しく、包みこんでくれるような音色なの…)

ソフィア「…あ、」



曲がいつしか、温かい子守唄のようなメロディーに変わり、やがて、静かに演奏が終えられた。

(パチパチパチ…)

ソフィアが満面の笑みで拍手する。

ソフィア「なんて素敵な演奏なの。ルイ、本当にありがとう…」

ルイ「どういたしまして。…ソフィア、泣いてるの?」

知らずに涙ぐんでしまっていたソフィア。

ソフィア「最後に演奏してくれた曲が、あまりに優しくて、懐かしく感じられて…なんていう曲なの?」

ルイ「俺も曲名は知らない。たぶん…孤児院にいたときに聴いてたかもしれない歌。思いだしながら弾いてた。」

ソフィア「ルイの大切な思い出の曲だったんだね。素敵なクリスマスプレゼント、…ありがとう。」



ルイが時計に目をむけると、二人で過ごせる時間はもう、あとわずかになっていた。

ルイ「明日から連日の舞踏会だね。苦手だって言ってたスローワルツ、少しおさらいしておく?」

ルイが、優雅な動作でソフィアの手をとり、腰を引き寄せた。



突然の接近にドギマギしながらも、ルイのリードにまかせ、ゆっくりとダンスのステップを踏みはじめたソフィア。



ルイ「大丈夫、ちゃんと踊れてる。」



ルイ(君がこんなに上手にダンスを踊るようになるなんて、出会ったころは予想もしなかった…本当に優雅でキレイだよ、ソフィア。)



ルイ(こんな君を、たとえ社交の場でも、他の男の目にふれさせるのは嫌だけど…)



(…コンコン。)

ルイ「…なに」

使用人「プリンセスのお迎えの馬車が到着しました。」

ルイ「…わかった」

(パーティーのお開きの時間、きちゃった…)

ルイ「あと、お茶一杯だけ、つきあって貰える時間、あるよね?」


ソフィア「…うん。」



ソフィア「…!」

ルイに促されてソファに腰掛けたソフィアに、ルイは吸い寄せられるように口づけていた。

ルイ(絶対に離せなくなるから、唇にキスしないよう我慢してたけど…やっぱり、ムリ)



(この唇で他の男と話さないで。その瞳に別の男の姿をうつさないで。軽やかな蝶みたいに可憐に踊るのは、俺の腕の中だけにして…)



(あと、もう少しだけ…二人きりで…)

おしまい♪

Kilhian's Lair様、他の素晴らしい創作物をお借りしています。
I appreciate wonderful creation thing!

ルイ本編感想&ハワード公爵邸

ただいまルイのHoneyエンド目指して日々、マナーやダンスのレッスン中

ルイルートって、どこまでも哀しいルイルイに胸がキュンキュンしまくりますが、その上、アランがプリちゃんを、いかにも守ってくれてる感があって、‘アラン好き’にも何かと美味しい

以下、ややネタばれのため、文字色反転しました↓

しかも、シドとも接近します!

シドが「国王にはアラン=クロフォードあたりが妥当」とかアラン押し発言をサラっとしたり(その意図はっ!?!)、シドに執務室に連れ込まれたところにアランがやってきて、お姫様らしく守ってもらえますし、シド⇔アランのやり取りが見れるのも楽しい。

シドに「プリンセスとナイト君」とからかわれても動じないアラン、「城の中でもあまり一人になるな」って、アランにこれから、ますます守ってもらえるんだ♪…って感じになるし、部屋まで「手を引いて」送ってもらえるし!

アランルートより、ルイルートのアランの方が優しい。


さて、それはさておき。

センスのいいルイルイ、お屋敷も素敵です♪



ブルーを貴重とした品の良い調度品がルイっぽいこのお部屋、ちょっと前まで、ハワード邸に用意されたプリちゃんの私室だと思いこんでました。

ルイルイのお部屋だったんですね!



sims3で作ってみました♪



イベントではプリちゃんがここで寝泊まりしてたので、プリちゃん用のドレッサーがあるはず、と、一部勝手にねつ造しました。

それにしても、「イケメン王宮」、物語中に気のきいたお茶がしょっ中出てきて、プリちゃんが「美味しい♪」って飲むものだから、すご~く紅茶をいただきたくなります



徹夜明けに近い初めてのダンスレッスンのとき、ルイルイがオーダーしてくれたラベンダーアールグレイティー、ラテですが、ス○バでオーダーできるみたいですね。

茶葉は国内では手に入りにくい希少なもののようなので、興味津々。近々いただいてみようかと思います。

本当は、ユーリみたいな執事や、可愛いメイドさんにお給仕してもらいたいけど。



シャルと鳥籠もちゃんとあります♪

Sugarルートでもキーとなる活躍をした、キレイなだけでなく、しっかりしつけられた、とっても頭の良い鳥さんです。伝書インコかな?

Honeyルートではどんな活躍をするのでしょう?

楽しみです~

jewelry Christmas【ルイ編】&拍手コメントありがとうございます。

先週末から、仕事の予定が一気に入り、バタバタとしてましたが、久々に、こうして王宮への思いを出力できて嬉しいです♪

文字通り、「誰もが憧れるX'mas Story」なjewelry Christmasイベント後半がスタートしており、生粋のプリンセスの皆さまは、早々に3人の王子様との物語を終えておられる模様。



ルイルイには、こういうキラキラした背景がピッタリですね♪

私は、イベントはスタートダッシュや早期クリアはおろか、全コンプも最初からあきらめてますが、今回は初めて、冬らしいこちらの背景と、‘シドプリちゃん’ぽいブルーのお洋服をそろえたくて、全コンプを目指すことにしました。



現在、ルイのプレミアとスイートエンドを終え、レオとクリスマスを満喫中

気づいたら、16時だったので、慌ててスイートサロンしてきました

まだまだ、先は長そうですが、可愛いポンパヘアも欲しいので頑張ります

以下、ルイとのjewelry Christmasの感想、ややネタばれの為、たたみます。

該当の記事は見つかりませんでした。